済生会吉備病院 ホーム > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

患者さんの「生活の質」向上を目指すため、リハビリテーションプログラムを医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー等が共同で作成し、回復期リハビリテーションを効果的に行い、自立支援・早期家庭復帰のお手伝いをいたします。

チームでサポートいたします。

入院の対象となる方

  • 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後、もしくは手術後の2ヶ月以内の状態
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節または二肢以上の多発骨折の発症後もしくは手術後2ヶ月以内の状態
  • 外科手術または肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術または発症後2ヶ月以内の状態
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経・筋・靱帯損傷後1ヶ月以内の状態

上記に準ずる状態の患者さん

入院のご相談

入院のご相談

医療ソーシャルワーカーへの連絡先

医療ソーシャルワーカーへの連絡先

---

岡山済生会総合病院 電子カルテ・同一診察券など本院と連携しています。 岡山済生会総合病院

地域包括ケア病棟

回復期リハビリテーション病棟

人工透析室

医療機能情報

日本医療機能評価機構認定